バンコク大丈夫? タイで自爆テロの可能性あり!?

生活

2021年9月12日、在タイ日本国大使館よりタイで礼拝場等の人が多く集まる場所への自爆攻撃が発生する可能性が高まっているとの情報があるとお知らせがありました。 

当国において、礼拝場等の人が多く集まる場所への自爆攻撃が発生する可能性が高まっているとの情報があります。

在留邦人の皆様におかれましては、引き続き、テロに対する警戒を強化し、以下の対応に努めてください。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には、警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
(3)やむを得ず、テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知したら、速やかにその場を離れる、できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え、その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(※)日本を含む欧米等関連施設、レストラン、ホテル、公共交通機関、市場、観光施設等不特定多数が集まる場所、軍、警察、治安関係施設をはじめとする政府施設や、モスク、教会、寺院等の宗教関係施設等

在タイ日本国大使館からのお知らせ

コロナで外出を控えているとは思いますが、外出の際はくれぐれもご注意ください。

バンコクで2015年にテロが発生していた

2015年8月17日にバンコクのエラワン寺院周辺(BTS プルンチット駅-チットロム駅間)ラチャプラソン交差点で爆発事件が発生し、20人が死亡、125人が負傷しました。タイ在住の日本人も1名この事件に巻き込まれました。

2006年大晦日から元旦にかけてもバンコクで多発爆弾テロ

今から15年前の2006年12月31日夕刻から元旦未明にかけて、バンコクで6つの爆弾が爆発し2人が死亡、26人が負傷した。最初の爆発はスクムビット通りで起こっている。



コメント

タイトルとURLをコピーしました