[吉報?!] 11月1日からタイの一部の県で外国人旅行者の受け入れが可能に!

タイ旅行
thai_travel

タイの関係省庁は、10月に予定されていたワクチン接種済みの外国人旅行者を隔離無しの受け入れを10都県に対して、11月1日より開始することを発表しました。

また10月1日よりは、ワクチン接種じゅみなど一定条件を満たせば、ASQが14日から7日に短縮になることになっております。

[受け入れ対象10都県]

・バンコク
・チェンマイ(一部)
・チョンブリ(パタヤなど一部)
・クラビー
・パンガー
・プラチュアップキーリカン(一部)
・ペッチャブリー(一部)
・ラノーン(パヤム島)
・ルーイ(一部)
・ブリーラム(一部)

また、他県も 12月1日、1月1日からと順次拡大させていく予定です。

受け入れの条件は?

今回発表されているものでストワクチン接種済みのみという情報であり、日本国内でもワクチン接種がだいぶ進み人口の半数以上がすでに2回接種済みとのことで、今回の受け入れ対象者はだいぶ多くの人が該当するのではないでしょうか?

他にもビザ免除が解除されなければ、ビザ取得も必要ですし、渡航前のPCR検査での陰性証明やコロナ感染時の医療保険加入などは既存のまま残るとすると、まだまだタイに行くには敷居が高いままでしょう。

直前まではわからない。正しい情報収集を

これまでのコロナの状況によっては、直前で、ルール変更や延期ということも行われてきていることですので、正しい情報収集を行い、行動するよう心掛けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました