タイ移住するための仕事の見つける方法

タイ移住

タイで移住をしたいのであれば、長期で滞在できるためにビザの取得が必要です。
お金がたくさんあれば、タイランドエリートに入会すれば長期間のビザを持てますし、50歳以上でそれなりの預金があれば、リタイアメントビザを取得することが可能です。
しかしそれ以外の場合で、タイに移住したいならタイで働くという方法をメインに考える必要があります。

ちなみに、タイで仕事をするには、労働許可証がないと就業できなく、そのためにはビジネスビザの取得が必要になります。

タイで働くには

タイで仕事をするといっても、現地採用、駐在員、自分で事業を立ち上げるなどいくつかの方法があります。

現地採用として働く

タイの移住を決めた方で、仕事を探す方の大半が、現地採用として仕事をされているのではないでしょうか?

知人からの紹介や求人サイトなどで仕事を探すことができますし、タイに観光ビザや学生ビザで来た後に現地で就職活動をして、就職してビジネスビザを取得するというプロセスで仕事をすることができます。

現地採用としての仕事の探し方は後ほど説明します。

駐在員として働く

現在タイにいる多くの駐在員は、就職したときにタイに来たくて赴任するという人は少ないと思います。たまたま会社の辞令で来た人だと思います。

タイの駐在狙いで就職するには、基本的には日本の転職サイトで調べると、扱っている会社が数社があります。

DodaやリクナビNextなどでは、希望勤務地を海外で選択できるのでその中にはタイ駐在前提で募集している会社があります。

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト
転職なら、【doda(デューダ)】。「大手・優良企業」「完全週休二日」「未経験者歓迎」の求人も多数。他にも、面接対策など転職活動に寄り添うコンテンツも充実しています。「企業からのスカウト」「カウンセリング」など、1つのサイトで全面的にサポートします!

起業して働く

個人の日本人が1人で起業するのは、かなりハードルが高いと思います。設立自体はそれほど難しいことではありませんが、事業を継続出来て、利益を出すのはそう簡単ではありません。
事前に、企業のための市場調査やパートナー探しなどを行わないと、いざ設立後の運営でうまくいかなくて、2-3年ほどで撤退などというケースをよく見ます。日本からすぐに起業するのであれば、入念な下準備が必須となります。

タイで数年、現地採用や駐在員として、実績や繋がりを作ったところで独立するなどのステップアップを考えるのもいいライフプランだと思います。

タイの人材会社に登録求人

Team leader and teamwork concept. Businessman with telescope looking faraway an leading team. Flat vector illustration for planning, challenge, leadership topics

タイには、多数の日本人が担当してくれる人材会社がありますので、そちらに登録して条件の合う求人案件を紹介してもらえます。

通常、オンラインでの仮登録を行い、さらに人材会社に行くもしくは、オンラインにて、経歴や条件のヒアリングや語学テストなどを行います。

条件に合う案件があれば都度ご紹介いただけますが、条件に合わないのであれば一度も連絡が来ないということもあるので、もしも登録するのであれば数社登録しておいた方がいいかもしれません。

求人広告より応募

日系フリーペーパーや掲示板などで求人案件が掲載されている場合があります。

一部案件で、ビザが発行されないや費用自己負担などの会社が掲載されている場合もあるので、もしも気になるのであれば、応募時に確認することを強くおすすめします。

ページが見つかりませんでした | タイ バンコク タイ自由ランド
タイ バンコク タイ自由ランド | タイのバンコクで日本人向けフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、タイ料理店や日本料理店など、グルメ情報を提供しています。タイで起業する個人の会社設立、労働許可証取得、毎月会計,さらに第2の人生をタイで過ごすロングステイ、定年支援のビザ取得も行っています。 タイ バンコク タイ自由...

タイの就職で準備しておくべきこと

Business situation, job interview concept.

タイ語や英語などの語学

日系企業への就職や、語学不要の仕事につく場合でもタイ語ができればより円滑に業務が進むことが多いと思います。

また、海外移住して生活する上でも語学ができればより便利に楽しく過ごすことができますので、あいさつ程度からでも始めてみましょう。

英語の職務経歴書(レジュメ)

就職先が外資企業や現地企業の場合は、面接時に必要になるほか、就職が決まって労働許可証を申請する際にも英語の職務経歴書が必要になる場合がありますので、早めに準備しといた方がいいでしょう。

一度も作成したことのない人は、いろいろなサイトでテンプレート集があるで参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました